卒業生の皆様へ 中学 WEBパンフレット 高校 WEBパンフレット
 

EDUCATION SYSTEM学びの特長

中村学園女子高等学校の教育の3つの柱
[グローバル教育・女子教育・キャリア教育]を[探究活動]と連動させて、
成長に合わせたプログラムの体系化を図ります。
変化や多様性に富むこれからの時代に必要とされる、主体性としなやかさを持つ女性を育てます。

グローバル教育

国際社会で活躍できる女性を育むため、本校では様々な取り組みをしています。海外の高校生と一緒に考える「食」のサミット、外国人留学生と語り合うグローバルキャンパスや「アジア高校生架け橋プロジェクト」ではアジア各国の留学生を受け入れ、半年間一緒に学び英語や文化を学ぶ貴重な体験を行います。

女子教育

本校では、学校生活や授業を通して、礼儀や作法などの日本に昔から伝わるマナーや伝統文化を学んでいます。
根底にある「心」を知ることで、女性としての品格や社会性、自主性が育まれます。

茶道
茶道

道徳の授業のなかで茶道を学習します。立ち居振る舞いやあいさつ、お辞儀の仕方など、茶道の基本動作を身につけます。日本人の心を感じ取り、日本人としての美意識や教養、女性としての品格が備わります。

食育
食育

「食」は生きるための第一歩であるという考えに基づいて、家庭科での調理実習の内容を充実させています。調理の基礎から栄養バランスのとれた献立づくりまで、将来役立つ実践力を育みます。

被服
被服

高校2年生の家庭科の被服実習では、衣服や小物づくりから暮らしの文化を学びます。身だしなみを整え、場にふさわしい装いができることは社会性の基本です。そのための基礎的な知識と製作技術を学びます。

清掃
清掃

白いエプロンを着て、気持ちを引き締めて取り組みます。清掃することで心もいっしょに磨かれ、人のためになることを率先して行う労作の精神が養われます。

キャリア教育

一人ひとりの生徒が、それぞれの将来の進路を決めるにあたって、さまざまな角度から万全にサポートする授業を行なっています。高校での学びを通して、自分との夢を見つけ、目標に向かう。自立した女性として、知識と教養を身につけた社会人として、豊かに生きていくための資質を育んでいきます。