2022中村学園女子中学校 パンフレット
25/32

石郷 はるさん (2021年 3月卒業) 合格防衛医科大学校 看護学科自衛官コース長崎大学 医学部保健学科看護学専攻キラリ輝く先輩より受験には、気合いと根性と運を味方につけることが大事だと思っています。私は中学から6年間なぎなた部に所属し、高校2年からSVコースで勉強していました。両立する上で一番役に立ったのは気合いと根性です。もちろん合格には必死で勉強することが必要です。しかし、受験勉強という長い戦いをただひたすら走り続けるのは難しいことだと思います。私は自分で目標シートを作って気持ちを奮い立たせていました。最終目標と中間目標、自分の強み、弱みを紙に書き出すことで冷静に自己分析ができ、勉強の計画も立てやすくなります。また、自分に合った生活スタイル、勉強方法を見つけることも大切です。それを基に、実行し継続できるかというところに気合いと根性がとても必要になります。最後に運を味方につけるというのは、できる限りの願掛けをするということです。気休めだと思われるかもしれませんが、そうすることで自分の不安を解消し、大丈夫だと自分に言い聞かせ、気持ちを落ち着かせることができました。(受験直前の私は周りに引かれるほど願掛けをしていました。)中学から部活動と勉強の両立を心掛けていました。中村はそれを十分に後押しし、サポートしてくれる学校です。お陰様で部活動では全国大会に出場し、勉強面では自分の希望の進路を実現することができました。夢を持ってそれを実現できる学校です。後輩の皆さん、受験を検討している皆さんには、ぜひ中村で6年間思いっきり夢を描き、羽ばたいてほしいなと思います。のびのびとした素晴らしい環境で、たくさん経験できた3年間。鎌田 あみさん (2019年 3月卒業) 早稲田大学 社会科学部 入学高校時代は、「自分がやらないといけないこと」と「自分がやりたいこと」を追求する3年間でした。特に、私は校外活動にも積極的に参加しました。1年生の時には「トビタテ!留学JAPAN」高校生コース2期生としてカナダに留学しました。2年生からはSGコースに所属し、探究活動に精力的に取り組む一方で、すべてのカリキュラムをおろそかにはしませんでした。課題に真っ向から向き合い、AO入試を受験すると決めてからも勉強を続けました。すべての選択に自分で責任をも持つことは、常に考えていました。現在、大学では社会科学部に籍を置いています。2年の秋学期からマーケティングの研究室で、製品の海外市場研究に取り組む予定です。また、トビタテの同窓組織である「とまりぎ関東」コアメンバーとして活動するほか、大学と企業が共同で行う「プロフェッショナルズ・ワークショップ」に1年生ながら合格し、Yahoo!本社でのプロジェクトに参加しました。私が6年間で培った多くの経験は、のびのびとした環境だったから得られたものです。ともに過ごした仲間は私にとって家族のような存在であり、常に心の支えとなっています。キラリ輝く先輩より夢を叶え、さらに前進24

元のページ  ../index.html#25

このブックを見る