2022中村学園女子中学校 パンフレット
11/32

急激なグローバル化に対応するため英語でコミュニケーションをとれる人材が必要となってきます。Cambridge Englishは、Cambridge English Language Assessment(ケンブリッジ大学英語検定機構)がCEFRの開発に深く関与したことから、CEFRのレベルと整合性が高く、世界中で通用する英語資格として認められています。年齢に応じた習熟度を測ることができ、海外進学のための英語能力判定に使われています。 ※CEFR=言語能力評価の国際指標C2C1B2B1A2A1CEFRC2 Prociency(CPE)C1 Advanced(CAE)B2 First(FCE)B1 Preliminary(PET)A2 Key(KET)AI Moversケンブリッジ英検―1級準1級2級準2級3級英検―95-12072-9442-71――TOEFLiBT―1845-19901560-18401150-1555 625-1145320-620TOEICL&R/S&W―1350-14001190-1349 960-1189690-959270-689GTEC4技能評価を重視した英語教育へシフト海外で通用する会話力を身につけ英語力UP!!大学入試に備えるためにでも中女なら!英語を学んだけど話すのはちょっと…中村学園女子中学校では、4技能のバランスの取れた英語力習得のために2017年度より「ケンブリッジイングリッシュ」のプログラムを導入しています。授業では常に英語に触れるように、説明などは基本的に全て英語で行います。また、テキストをよく読み、人前で英語で話すことに慣れるために生徒同士や先生との会話を多く取り入れています。在学中にケンブリッジ検定を受検し、学習の客観的な実力の確認を行います。中1ではStarters,中2ではA1 Movers,中3ではA2 Keyを受検します。高校卒業までにCEFR B1~B2レベルに達成することを目標としています。ペアワークグループワークプレゼンテーションディスカッション海外修学旅行中学1年中学2年中学3年StartersA1 MoversA2 Key「ケンブリッジイングリッシュ」導入で真に身につけるべき英語力を育成!ケンブリッジイングリッシュの特徴はコミュニケーションの多さ!授業では「聞く」、「話す」、「読む」、「書く」の4つの要素を取り入れています。単語や文法の暗記中心の学習方法ではなく、日常でよく使う単語やフレーズから学び、会話をしながら英語でどう表現するかを考えながら学習します。英語担当 ユハ ヴァイッティネン先生中学から英語をはじめ、高校1年でCFER B1レベル(英検2級~準1級程度)を達成!大好きな海外映画を字幕が無くても理解できるようになり、ますます英語が楽しくなりました!高校2年生 佐伯 香帆 さん生徒の個性が発揮できる環境が整っています!先生VOICE友達と切磋琢磨してSVコースで夢を広げています!生徒VOICE「ケンブリッジイングリッシュ」プログラム導入で世界に通じる英語を学ぶアプリケーションも活用教材は本という形に留まらずQuizletRaz Kids10

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る