2022中村学園女子高等学校 パンフレット
6/32

イノベーティブなグローバル人材育成のためにGLOBAL STUDYグローバル教育留学生の受け入れ~アジア高校生架け橋プロジェクト~立命館アジア太平洋大学と連携協定を締結WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)とは、イノベーティブなグローバル人材を育成するために、高校等と国内外の大学や企業、国際機関等が協働して、先進的カリキュラムの研究開発・実践、テーマと関連した高校生国際会議の開催等、高校生に高度な学びを提供する仕組み(ALネットワーク)の形成をめざす取り組みです。国際社会で活躍できる女性を育てます。文部科学省により、2015~2019年度スーパーグローバルハイスクール(SGH)に指定されました。その成果を生かして2020年度より新たに福岡県初となるWWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業※カリキュラム開発拠点校に指定され、さらに発展していきます。卒業後●文化祭企業コラボ●海外研修(希望者)●「食」のサミット課題解決能力の育成1年次2年次それぞれの目標に向けた挑戦へ課題解決策の発表、希望進路の実現3年次グローバルリーダーとして国際社会への貢献グローバル人材への成長プロセス探究課題を完成させ、3年間の集大成とする●グローバルキャンパス(全員)●留学プログラム(※GⅠクラスのみ)●講演・講座広範な知識の獲得・探究テーマ設定卒業後 WISDOM (課題解決力) OVERCOME (突破力) REVOLUTION (創造力) LINK ANDDEVELOPMENT (調和力)本校は文科省が企画し、AFS日本協会が実施する「アジア高校生架け橋プロジェクト」に協力しています。2019年度は9ヵ国10名もの留学生を半年間受け入れました。留学生たちはそれぞれ高校1、2年生のクラスで過ごし、授業や行事、部活動に積極的に参加します。本校生徒にとっても、留学生と英語でコミュニケーションをとり、海外の文化を学ぶ貴重な体験となっています。教育の充実や発展を目的に、各種説明会、キャンパス体験企画、グローバルキャンパスへの外国人留学生派遣、WWLへのさらなる取り組み、学校推薦型選抜(旧推薦入試)の充実化などを進めていきます。中村が育む 4つの力05

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る