2022中村学園女子高等学校 パンフレット
19/32

きめ細かく、充実した学習指導特進コースは早朝・放課後に、一般進学コースは希望者が早朝に課外を受講しています。令和2年度から、オンライン英会話も実施していますが、一般進学コースに設置された「GIクラス」では、ALTによる実践的な英会話の課外を放課後に行っています。それぞれのコースに適応した、充実した課外になっています。社会で活躍するOGの講演や、人材情報サービスの企業から専門家を招き、キャリア教育やグループディスカッション等のワークショップを実施しています。キャリアに直接結びつく進路学習は、生徒の学習意欲を高める契機となっています。中村学園大学をはじめ、地元有名私立大学、防衛大学校などの入試担当者を招いて、入試説明会を実施しています。保護者の参加も可能で、最新の入試情報や各大学の取り組み状況について情報収集ができます。英語検定や小論文対策、面接指導などの特別講座を実施しています。GTECは校内受験が可能で、英検は準1級に至るまで指導体制が充実しています。小論文は特別講座のみならず、模試も校内で受験し、力を磨いています。大学説明会特別講座充実した課外進路講話試験前にしか勉強をせず予習復習が足りなかったので、英語や数学など基礎が必要な教科に苦手意識がありました。そこで学校に残り、やるべきことをやって帰る、と決め、継続的な勉強を始めました。その結果、勉強から逃げない強い気持ちが生まれたと思います。小6から皆勤を続けられたのも自信になりました。なかなか志望学部が定まらず、先生方には本当に迷惑をかけました。そんな私が受験で重要だと思うことは、当たり前のようですが、志望校を自分自身で決めることです。勉強に身が入らない時ほど、目標を見失いがちです。自分で導き出した答えを大切にし、強く信じる。それは未来の決定権を自分の手で握っていることなのです。初山 知愛さん友泉中学校出身 (令和2年度卒業)高校生活で様々な活動をしましたが、それは受験のためではありません。元々、国際関係について興味があり、タイへの派遣事業や英語の大会に参加しました。しかし、それが志望校選びのきっかけとなりました。受験対策の際には担任の先生は色々な話をしてくださり、考えを深めることが出来ました。そんな経験の積み重ねが現在の私の考えに繋がっています。中村だから国際関係や女子教育に関して考え、自由に活動できました。本当に中村を選んで良かったと思います。少しでも興味のあることを追求し、最大限に活用する、そして毎日を後悔の無いようやりきる。それが私の課題でもあり、これからの目標です。南 亜里沙さん城西中学校出身 (令和2年度卒業)STUDENT VOICE合格合格九州大学教育学部九州大学医学部保健学科検査技術専攻毎日をやりきる未来の決定権本校教員の学習指導の熱意はどこの学校にも負けません。昼休みや放課後には、教務室横の学習スペースに生徒が集います。このスペースには学習カウンターが設置され、マンツーマンで指導を受けることができます。NAKAMURA GAKUEN GIRLS’ SENIOR HIGH SCHOOL 202218

元のページ  ../index.html#19

このブックを見る